逆援助交際は女性からも男性から人気があり、最近はセフレの関係から逆縁へと進展している人達も多いようです。ですが逆援助交際も一歩間違うと犯罪に巻き込まれたり、トラブルになったりする事があるので逆援助交際をする際にはいくつか注意しなくてはいけない事があります。

まず一つ目は、逆援している女性が人妻の場合ですが、この場合女性の夫が何の職業をしているのかをきちんと把握しておきましょう。プライベートな事なので教えたがらない女性が多いですが、もしかするとオイシイはずの逆援助交際が一気に悲惨なものへとなるかもしれないので、大体で良いので職業を聞いておくことはとても重要です。と言うのは、もしかすると女性の夫は暴力団関係者の恐れもあるので、逆援できるぐらいのお金を持っていると言う事はそのようなリスクもあるかも知れないという事になります。

逆援助交際は男性にとっても女性にとっては条件が良い交際の仕方なので、セフレよりもオススメできる交際方法ですが、やっぱり組織に関係しているとなると不安になりますよね。そうならない為に逆援助交際を本格的にスタートする前に夫の職業を把握しておく事は重要なのです。

次に二つ目に注意して欲しいことですが、逆援するのはどこまでOKかと言うことで、例えば生活面を見てくれたり家賃も払ってくれるのか、それとも小遣いを毎月貰える程度なのかどうかを確認しておきましょう。逆援にはそれぞれの形があり、初めの契約条件でだいたいが決まっているので何の話し合いもないまま逆援をスタートさせるのは損するかもしれないので注意して下さい。

またもし逆援を終了させたい時にはすぐにそれに応じてくれるのかどうかも大事なことで、時々女性によっては気に入った男性を見つけると半永久的に契約する場合もあるので終わりにしたいのにできないまま、女性がストーカーとなったり恋人と無理矢理別れさせられたりする事があるので、逆援助交際を楽しくする為にも最初できちんと話をしておくことがトラブルを防ぐ秘訣でもあります。

逆援助交際は交際の仕方を間違わなければ、女性も男性も楽しく交際できるので上記の注意事項を忘れなければ割り切った逆援助交際ができて楽しいです。恋人ができでも逆援助交際を上手くしている男性もいるので、逆援相手にきちんと恋人ができた時の事も事前に話しておけば堂々と恋人とも付き合っていけるので、逆援相手にはなるべく隠し事はしないと言うことが交際を長く楽しめるコツでもあります。

逆援したいと思う男性のタイプ

逆援助交際は女性から注目されている交際の仕方ですが、どんな男性だと女性は逆援しても良いと思うのか、それが分かればもっと女性が素敵だと思える男性が増えて逆援助交際ができる男性が多くなります。女性は誰にでも逆援しても良いと言うわけではないので、女性が逆援できる男性のタイプをしっかり把握しておきましょう。

~女性が好む男性像~

逆援は女性が自分の快楽の為に男性をお金で買っているようなもので、愛人契約のようなものです。なのでもちろんセックスはしなくてはいけないし、女性が会いたいと言うのであればいつ何処にいても会いに行かなくてはいけませんが、逆援する女性側が男性に求めているのはそこではありません。もちろん会う事は大事なことですが、それ以上に女性が男性を重視してみている部分は、なんと童貞であるかと言うことで、とくに童貞の男性はすぐに逆援助交際の契約をしてくれる事が多いです。

童貞は昔から熟女が買ってくれる事がありますが、最近では逆援する相手として相応しいとして女性から見られているので恐らく童貞かどうかの確認をしてくる女性が多いと思います。どうして童貞男性を好むのかと言うと、まだ世間を知っていないと言うピュアさが女性ウケの良い理由となっているようです。セックスだけに限らず、色んな事を自分がリードして教えてあげよう!そんな期待から女性は童貞男性に逆援したがるようになるので、もし童貞でなくても、童貞のようにピュアな気持ちを忘れずにアピールする事ができれば女性はすぐに虜になるでしょう。男前で女性の扱いが手馴れているような男性よりも、生活観が滲み出ていてちょっとぐらいイケてない男性のほうが逆援している女性によってはモテる事もあります。

女性にこんな男性なら逆援しても良いと思わせる為には、まず素直な気持ちで女性と向き合うことが大事なので、変に気取っていても逆援助交際の場合には女性は相手にしてくれません。逆援助交際は女性のペットのような存在なので、どれだけ女性好みの男になれるかと言う事が良い逆援相手に恵まれるコツでもあります。逆援は女性のヒモになると言うのはちょっと違い、逆援してもらった分違う形で女性の為に何かしてあげなくてはいけないので、それがセックスなのかそれとも食事を作ってあげる事なのか、女性が男性にしてもらいたいと思う事をしてあげる事が、今以上の逆援が期待できるきっかけにもなるのでどんどん女性の為に動ける男になりましょう。